第12回東北モーターショー2020 in 仙台

東北モビリティシンポジウム

未来のモビリティがもうそこに。
あなたと一緒に快適で安全な移動空間を

新たな時代の自動運転技術が社会を変革し、あなたの生活をより良いものに変えようとしています。『100年に一度の大変革期』と言われる自動車業界の動きで車社会はどう変化し私たちの生活に関わってくるのか。スマートモビリティチャレンジへの取り組み事例もふまえながら、MaaSやCASEに関わる専門家よりお話を伺い、会場の皆様とともに未来のモビリティについて考えます。

日時 令和2年2月22日(土)13:00~16:00 開場受付 12:30
会場 夢メッセみやぎ「本館 会議棟」(仙台市宮城野区港3 丁目1-7)
参加費 無料 ※モーターショーの入場券が必要になります。
定員 200名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
内容 開催内容 PDF(430KB)】
講演1 シリコンバレーD-Lab:シリコンバレーから見えてきたMaaSの世界
パナソニック(株)モビリティ事業戦略室 主幹 森 俊彦 氏
講演2 コネクティッドで広がるモビリティサービス創出に向けた取組み
トヨタ自動車(株)コネクティッドカンパニーITS・コネクティッド統括部 部長
山本 昭雄 氏
講演3 スマートモビリティチャレンジの事例紹介
  1. IoT やAI が可能とする新モビリティサービスの社会実装に向けて
    経済産業省 自動車課 課長補佐 増田 陽洋 氏
  2. 静岡型MaaS 基幹事業実証プロジェクトの取組みについて
    静岡型MaaS 基幹事業実証プロジェクト代表幹事・静岡鉄道企画部長
    水野 雅晴 氏
  3. 春日井市における新たなモビリティサービスを活用したまちづくり
    春日井市 まちづくり推進部 ニュータウン創生課 津田 哲宏 氏
お申込み・
お問い合わせ
別紙申込書にて、EメールまたはFAXでお申し込みください。
申込書: PDF版(494KB) 
主催 ( 一社)日本自動車販売協会連合会宮城県支部、東北経済産業局
(委託事業者:(株)フィデア情報総研)